妊娠初期にママが気をつけるべきポイント❘元気な出産を目指す

女の人

きちんと体調管理

妊婦

女性が妊娠したかもと感じる体の変化は、人それぞれ異なるものがあります。しかし生理が、生理開始予定日よりも大幅に遅れていたら妊娠を疑いましょう。2~3週間の遅れであれば、体調不良が原因となる可能性があります。1ヶ月も遅れるとなると、妊娠の可能性はより高まります。妊娠していたことに気付かず、激しい運動をするなどは危険行為にあたるので、1ヶ月まで待つ必要なく、生理が遅れていて、おりものの量が増えたり胸の張りや痛みを感じたりするのであれば、婦人科へ足を運びましょう。妊娠初期はとてもデリケートな時期となるので、早めに妊娠の有無を確認し、最適な日常生活をとることに重きをおきましょう。

妊娠初期は胎児が体を作り始める期間で、カルシウムやマグネシウム、ビタミンなどさまざまな栄養素が胎児へ吸収されていきます。妊婦は常に栄養摂取を心がける必要がありますが、妊娠初期は特に意識しましょう。厚生労働省では、妊婦に必要となる栄養素として、葉酸を1日400mg摂取するよう推奨しています。葉酸は野菜などの食材に含まれている栄養素となりますが、調理する段階で必要な量が失われてしまうケースが多いものです。効率よく葉酸を摂取するのであれば、栄養サプリメントを活用するといいでしょう。また、妊娠初期の妊婦にふさわしい食事のとり方を、婦人科にて指導をもらえるので気軽に分からないことは尋ねておくことです。もしものことを考え、バイクや自転車を利用することも避けるべきです。

妊娠しやすい体作り

整体

女性の多くが、出産を経験するでしょう。出産というものは、もちろん妊娠を経てからのことになります。しかし女性の中には、妊娠が難しい体質の人もおり、吉祥寺ではその問題を解消するべく、不妊整体を行なっています。

View Detail

避妊以外の効果もあり

錠剤

ピルは、避妊薬で服用すれば、行為後でも高い確率で妊娠を防ぐ事が出来ます。大阪の婦人科では、低容量ピルで、避妊以外にもホルモン増加やホルモンバランス調整と肌荒れを抑えるタイプのピルを扱っています。

View Detail

触診から精密検査まで

病院

乳がんは、女性特有の症状です。しかも、若年の女性に至るまでかかる危険性があります。大阪の産婦人科では、乳がんやその他の婦人科系の症状を精密に検査してくれるところがあるので、利用して早期発見をしましょう。

View Detail